患者中心の医薬品プロジェクト PCM-PJ キックオフセミナー報告書記載しました。ホームぺージ 右下カテゴリー JPPaCのプロジェクトでご覧できます。

プロジェクトの目的

1.医薬品のライフサイクル全体にわたったPatient Engagement PE (患者参画)を啓発し、日本における患者中心の医薬品の創薬~育薬に貢献する。

そのために、

・PFMDについての理解を深め、JPPaC会員をはじめ製薬企業、患者団体にその存在と意義を広める。

・PFMDの開発した様々なプログラムを日本語に翻訳し、公開する。

・製薬企業向け患者参画 研修プログラムの日本語翻訳するとともに、患者と患者団体のためのP患者参画能力開発プログラムの日本版を作り上げる。

・日本における患者参画の進展を評価する目的のアンケート調査を実施する。

  • PFMDのグローバルネットワークに参加するとともに、日本における患者参画(Patient EngagementPEやPatient Public Involvement PPI)にかかわる様々な組織と患者団体のネットワーク作りに貢献する。

・患者参画フォーラムを開催する

・患者参画のポータルサイトを作る。PFMDのSynapseと連携し、その日本版を作る。

Patient Focused Medical Development PFMD患者中心の医薬品開発の紹介。

ブリュッセルに本拠を持つ非営利団体Synergistシナジストが取り組んでいるプロジェクトのひとつです。患者中心の医薬品開発における患者参画をグローバルに推進しようと活動しています。

PFMDの目標

「患者と共に、患者のための医療の未来を協働でデザインすることにより、グローバルヘルスを改善する」

PFMDの使命

「患者の声を統合する取り組みやベストプラクティスを集め、患者をパートナーとして巻き込んだ効果的で世界的に標準化された枠組みをつくり、その実行を加速させるために必要なツール、サービス、サポートを提供する。」

おすすめの記事