PFMD-JP プロジェクト

JPPaCのプロジェクトのカテゴリーを追加しました。

PFMD-JPプロジェクトを中心にプロジェクト活動や関連情報を掲載していきます。

このプロジェクトのミッションは、「Patient Engagement( PE)患者参画を”共に”取り組み、”病気をもつ人の希望をかなえる医薬品が生まれる環境つくりに貢献する」です。

プロジェクトの設立趣旨:PFMD Patient Focused Medical Developmentは、患者中心の医薬品開発を目指すグローバルなネットワークです。PFMDの様々なプログラムを日本語化し、それを日本紹介し、患者中心のPatient Engagement PE患者参画が定着する目的でJPPaC内にPFMD-Japanプロジェクトを立ち上げました。PFMDの主たる対象である製薬会社が、PFMDのツールによって、患者中心のPEを理解し実践することが、「患者のために」という患者のベネフィットに通じると考えます。患者参画が日本で定着するためには、製薬企業、病気を持つ人・患者団体、研究者、規制当局などすべてのステークホルダーのコラボレーションが必要です。患者参画の取り組みは様々なステークホルダーで行われるようになりました。これらの取り組みが、分散と重複することなく効率的に行われるようなネットワークを作る必要性と意義があります。

このプロジェクトに関心のある方、参加ご希望の方(個人、団体共に)info@jppac.or.jpまでお知らせください。

おすすめの記事