学ぶ会 -患者中心の医療を学ぶ会-

JPPaCは平成25年4月から勉強会「IKUYAKUゼミ」を毎月開催してきました。
「IKUYAKUゼミ」は現在「患者中心の医療を学ぶ会」(学ぶ会)となり様々な立場から患者のための医療を学んでいきます。

私たちは医療に関連する様々な業務に携わる者として医療関連の仕事が業務中心となり患者さんに必ずしも最適な環境とは言えないことを学んできました。
我々とともに医療を考え患者さんの笑顔を増やすための活動に参加してみませんか

チラシ

ダウンロード(PDF:1.1MB)

参加希望

学ぶ会はNPO会員に参加せず、学ぶ会の会員として気になる話題のみに都度参加費にて参加が可能です。
毎月第三または第四水曜日に、渋谷会場または文京会場にて実施しています。

学ぶ会終了後には、交流会も開催しています。併せて是非ご参加ください。

 セミナー申込み

今までの活動

2017年度
  • 新春「患者中心の医療を考える集い」
  • 患者中心の医療を考える集い(Part2)~私だから、JPPaCだからできること“共に夢を語り、共に明日を作ろう”~
  • JPPaC 設立4周年記念シンポジウム 自分らしく生きるために ―医療を選ぶ心構え―
  • 診療ガイドラインの作成・普及・活用:患者と医療者の協働意思決定のために
  • 患者が満足する医療のために~Patient Journey 活用の可能性~
  • 患者参加の医療安全を目指して
  • 在宅医療の現場から~がんばらない介護を目指して~
  • 明日への気づき 患者の語り~患者スピーカーバンクの理念と実践~
  • 誰も知らない稀少難病・表皮水疱症~患者会10年の取り組み その課題と展望~
  • 歌う喜びクリスマスコンサート

2016年度
  • 「患者中心の医療」を語り学ぼう!
  • 総合診療からみた患者中心の医療
  • JPPaC3周年記念オープンセミナー
  • 難病の患者(会)さんの抱える問題に向き合う
  • 平成28年診療報酬改定が患者・地域医療に及ぼす影響を探る
  • ポリファーマシーを考える~多職種チームによる介入実践例の紹介~
  • 難病の細胞・再生医薬品治療への挑戦!
  • JPPaC患者中心の医療を考える ~問題意識を行動へ~
  • 共生(ともいき)社会を目指す、障害者就労支援の取り組み
  • 薬禍の風雪~薬害のない世界を求めて~
  • これからの地域ケア、在宅ケアを考える~看護師の視点から~
  • 患者にはチカラがある”JPPaC特別企画 学ぶ会+クリスマスコンサート

2015年度
  • 活動方針検討
  • 患者と薬剤師のコミュニケーションを啓発するための動画作成と有用性の検討
  • 摂食障害の現状と問題
  • 患者中心の医療のための医療倫理
  • 難病法施行による患者さんの期待・不安と要望
  • Can Netの活動とそこからみえるがん患者さんの悩み
  • 総合診療医から見た患者中心の医療~地域包括ケアにおける医療職の役割とは
  • 風が生きようという 上映会
  • 当事者が地域を変える~当事者運動が達成してきたものから学ぶ~

2014年度
  • 医療経済・アウトカムとは
  • 患者中心の医療の捉え方
  • 患者とのコミュニケーション
  • 筋無力症患者の声
  • 患者視点から見た診療報酬改定後の動向
  • DIPEx患者の語りの活動と患者の語り
  • 反転授業 患者の語りから学ぶ

2013年度
  • 患者志向について考える
  • 喘息治療の実態・実際
  • アドヒアランスとは
  • 医療サービスと再受療意向について
  • 希少難病疾患の問題を抱える人たちの絆
  • コールセンターに寄せられる患者の声
  • 患者中心のがん医療ーがん専門薬剤師の役割

開催場所

渋谷会場

渋谷区文化総合センター

第三または第四水曜日 18:30 - 20:30

東京都渋谷区桜丘町23ー21

文京会場

文京シビックセンター

第三または第四水曜日 18:30 - 20:30

東京都文京区春日1ー16ー21