患者中心の医療はポリファーマシーからではなくQUMから

高齢者の多剤投与(ポリファーマシー)が話題になっています。

一度に20剤飲まなければとか10剤は重罪だとか、多くの議論がなされています。

ポリファーマシーの代表的なケースは多科受診で処方を合わせると多剤になる場合と1科で多剤処方の場合があります。

多科受診になるのは高齢者が生活習慣病のみならず、老化に伴う疾患も多く出てくるからです。そのため内科以外に整形外科や眼科などの他科の受診も増えてきます。

一般にクリニックは横に調剤薬局がありますので、患者さんは受診後隣の薬局でお薬をもらうケースが多いのです。

各薬局で別々にお薬をもらうので重複投与があっても薬局ではわかりませんし、薬剤師は頂いた処方箋以外のお話はできません。お薬手帳も多く持っています。

この場合は薬局を一つにすると胃腸薬などをはじめ重複投与は解決できるでしょう。

1科で多剤投与の場合、多くの合併症を勘案して処方されているならば、一概にポリファーマシーだから減らしてくださいとは言えません。

ポリファーマシーは「こうすれば解決する」というという解はありません。

また、ポリファーマシーと残薬の問題が多く取り上げられていますが、これはどちらかというと医療費削減の視点が強いようです。

高齢者がこんなに多くのお薬を飲まされているのです。「家にお伺いすると残薬がこんなにありました」などの報道や記事を良く見られます。

私はこうしてポリファーマシーを減らしました。という薬剤師の記事も多数あります。

 

本当にこれでいいのでしょうか。

 

私たちが取り組むのはポリファーマシーや残薬からではなく、医薬品の適正使用からではないでしょうか。

医薬品の適正使用QUM(Quality Use of Medicine)を求めた結果がポリファーマシーや残薬解消につながるのです。

患者中心の医療から考えた場合、ポリファーマシーや残薬から入るのではなくQUMから入りましょう。

「医薬品の適正使用」の余碌がポリファーマシーや残薬の解消なのです。

患者さんにとって一番大切なもの。それはQUM「医薬品の適正使用」です。

高齢者はひとりひとり状態が違いますので、個人に合ったQUMが求められています。

 

JPPaC副理事長 平野裕幸

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です